肌への負担が少なく軽いつけ心地のミネラルファンデーション

肌をいかに綺麗に見せてくれるか・・、ファンデーション選びにはそれなりに時間と手間をかけてきました。
季節の変化はもちろん年齢によって肌質やコンディションも変わってきますし。

 

以前はひどい乾燥肌で夏場でも頬のあたりがカサカサしたり、冬になると粉っぽさが目立ちヒリヒリするくらいでした。
年齢を重ねるうちに徐々に肌質が変わってきて、今では混合肌に。
Tゾーンのテカリと頬のかさつき、両方をカバーするファンデーションが必要になってきました。

 

ファンデーションにも色々なタイプがありますが、始めはパウダータイプ、次はリキッドファンデーションを長いあいだ愛用してきました。
肌のトーンを明るく見せたり、毛穴を綺麗にカバーする目的はどのファンデーション選びにも共通すると思います。
リキッドファンデーションを使っていたのは、肌にうるおいを与えて均一なマット感が気に入っていたからです。いわゆる「陶器肌」という状態ですね。
リキッドタイプは保湿に優れていると感じていたので夏・冬問わずオールシーズン使用していました。
でも乾燥が少しずつ気になるようになってきて、冬はさらに保湿力と血色を良くみせてくれる機能のあるクリームファンデーションを併用するようになりました。
メーカーも国産のものから海外の有名ブランドのものまで色々な商品を試してみました。

 

ある時から肌荒れとともに、肌にピッタリとついているファンデーションの感触がとても気になるようになり。
密着力は魅力でもあったんですが、リキッドファンデを1日中つけていると肌が息苦しく感じるようになってきました。
12時間以上つけっぱなしの状態が続くわけですから、肌呼吸できない感覚とクレンジングしたあとに肌がとても疲れているなと感じるようになったんです。

 

美容成分や保湿力のあるファンデーションを選んで使っていたつもりでしたが、改めてファンデを再考してみました。
カバー力やUV効果も大切ですが、とにかく肌に負担が少なくつけ心地の軽いファンデーションを探しました。
調べているうちに、肌に優しく余分な添加物が入っていない、自然なつけ心地で人気のミネラルファンデが候補に上がりました。
ミネラルファンデの口コミがのっているHPを見て良さそうな 幾つかのメーカーからトライアルを取り寄せて使ってみました。
大きめのブラシで粉を少量含ませて肌にくるくるとなじませると、肌色やトーンは自然な仕上がりに。一番の驚きは「ファンデーションを塗った」という重たさが全くないんです。

 

カバー力に関してはリキッドやクリームタイプと比べると若干劣るかもしれませんが、下地で調整すれば均質でツヤのある肌に仕上げられます。
Tゾーンのテカリは軽くティッシュオフするだけでOK。頬のかさつきも感じず一日快適に過ごせます。
ナチュラルなつけ心地と、クレンジングしたあとも肌が疲れない=負担がかからない優しいミネラルファンデーションをこれからも愛用していきたいです。

ちふれのUVリキッドファンデーションを使っています

 ファンデーションは、ちふれのUVリキッドファンデーションを使っています。なぜこれを使っているかというと、ちふれの製品が好きだからです。ちふれの製品は、刺激が少なく、肌への負担も少ないものが多いです。したがって、ファンデーションもこれを使ってみることになりました。
 以前、ちふれのBBクリームを使っていたことがあります。これは、薄づきで、ナチュラルな仕上がりとなるものでした。厚塗りにはならず、素肌っぽい雰囲気になるところが気に入っていました。これも、ちふれというメーカーだったのが購入の決め手でした。ちふれは、値段も安いですが、値段からは推測できないような品質だと思います。コスメは値段だけでは決まらないということがよく分かるような製品が多いのです。
 そのBBクリームを使い終わってから、興味本位で他のメーカーのBBクリームを買ってみました。これは、ちふれのものの倍くらいの値段でした。しかし、使い心地はよくありませんでした。肌につけるとむらになってしまうのです。この時には、メイクが心地よい作業にはならなかったのでした。したがって、使い終わる前に、使用をやめてしまいました。
 その頃、明色のBBミネラルプレストパウダーというものが、モニター当選しました。そして、モニターなので、タダで使うことができました。これは、パウダーですが、下地もいらず、あまりむらにもならず、ナチュラルな仕上がりになりました。薄づきですが、けっこうカバー効果もあり、よいものを頂いたと思い、喜んで使っていました。また、UV効果も期待できそうなものでした。使い終わったら、自分で買って使おうかなあとも思ったのでした。
 それを終わる頃になって、コスメサイトでちふれのファンデーションのことを調べてみました。実は今まで、リキッドファンデーションは使ったことがありませんでした。そして、ちふれのリキッドファンデーションについての評判をみていたら、買ってみたくなったのでした。ちふれなので、肌への負担はないと思っていました。そして、カバー力もありそうです。値段も手頃でコスパもよさそうだと思いました。そんなことから、モニター品の次は、ちふれのリキッドファンデーションを使うことにしました。行きつけのドラッグストアですぐにみつけることができました。専用のスポンジも買ってきました。このスポンジを使えば、リキッドファンデーションも使いやすいということがよくわかりました。
 これについては、リピートしようかなあとも思っています。 ニキビを治す方法でニキビ跡のない肌になればさらにファンデのノリが良くなりそうです。